• 虹色ミツバチ
  • freoカスタマイズメモ、テンプレート・プラグイン配布/officeTIPS
検索プラグイン

> Entry >freo>freoTips>サイト管理系TIPS> エントリーとページの違い

【freo】【freoTips】【サイト管理系TIPS】エントリーとページの違い

freoでは投稿した記事を表示させる方法として『エントリー』と『ページ』という2種類の形態がある。

エントリー…一般的なブログにおける1件の記事のようなイメージ。
ページ………一般的なホームページにおける1枚のHTML画面のようなイメージ。

それぞれの機能の違いは以下の通り。

エントリーの特徴

  • 投稿した記事を1件のエントリーとして扱う
  • エントリーには1件ごとにNOが自動的に振られる。
  • エントリーを呼びだす際には[view/エントリーNO]のような形で表示される。
    エントリー固定リンクプラグインを利用すれば登録日時をもとにアクセスすることができる。
    また、エントリーを登録する際にコードを利用すると、[view/エントリーコード]の形でアクセスできる。
  • エントリーを分類するための機能としてカテゴリーを利用できる。
    カテゴリーは任意の名前で登録することができる。エントリーを分類するカテゴリーは複数選択可能。
    カテゴリーには階層構造を持たせることができる。(freo/カテゴリーとページの階層化について
  • タグをつけることができる。ページで利用しているタグとは別の扱いになる。
  • オプション機能利用可能。
  • 添付ファイル機能利用可能。
  • 記事の公開・非公開を選択できる。日時を指定した予約投稿も可能。
    公開を終了させる日時を別途指定できる。
  • 閲覧制限をかけられる。(ユーザー登録で制限/グループで制限/パスワードで制限)
  • フィルター機能を利用して記事を閲覧するかどうかを閲覧者自身に選択できるように設定できる。
  • コメント機能・トラックバック機能利用可能。
  • エントリーごとにテンプレートを変更できる。(freo/エントリーごと、ページごとにテンプレートを変更する

ページの特徴

  • 投稿した記事を1枚のページとして扱う
  • ページは1件ごとに任意のIDを指定できる。
    IDを変更する場合はページID変更プラグインを利用する。
  • ページを呼びだす際には[freo/index.php/page/ページID]のような形で表示される。
    ページパス調整プラグインを利用すれば/page/部分を省略することが可能。
  • ページには階層構造を持たせることができる。(freo/カテゴリーとページの階層化について
  • タグをつけることができる。エントリーで利用しているタグとは別の扱いになる。
  • オプション機能利用可能。
  • 添付ファイル機能利用可能。
  • 記事の公開・非公開を選択できる。日時を指定した予約投稿も可能。
    公開を終了させる日時を別途指定できる。
  • 閲覧制限をかけられる。(ユーザー登録で制限/グループで制限/パスワードで制限)
  • フィルター機能を利用して記事を閲覧するかどうかを閲覧者自身に選択できるように設定できる。
  • コメント機能・トラックバック機能利用可能。
  • ページごとにテンプレートを変更できる。(freo/エントリーごと、ページごとにテンプレートを変更する
    ページIDに階層を組んでいた場合、親IDのテンプレートを用意すれば、子IDのページに親ID用のテンプレートを適用できる。

ページ移動

関連記事

ユーティリティ

Twitter

記事検索

ページ上部へ