メニュー

Home >freo講座>初心者の為のfreoサイト運営講座> 【更新履歴編(01)】更新履歴、ニュース、トピックスなどを作ってみよう。

【freo講座】【初心者の為のfreoサイト運営講座】【更新履歴編(01)】更新履歴、ニュース、トピックスなどを作ってみよう。

2014/09/16 23:26|タグ:更新履歴エントリー新着エントリー表示プラグインエントリーカテゴリー表示プラグインインフォメーション機能ニュースプラグイングッジョブ表示 60

サイトの更新履歴や、ニュース、トピックスなどを表示してみます。

freoでサイトの更新履歴や、ニュース、トピックスなどを表示する方法はいくつかあります。
たとえば、

  1. エントリーを利用する
  2. インフォメーションを利用する
  3. ニュースプラグインを利用する

です。
それぞれ更新履歴として利用する場合の注意点などを含めてご紹介します。

エントリーを利用してサイトの更新履歴を表示する。

サイトの更新履歴として利用できそうな機能に、エントリー機能があります。
エントリー機能は、freoに標準で搭載されている機能です。

エントリーとは

エントリー機能の説明は以下を参考にしてください。

freo:エントリーとページについて
32877:【freoTIPS】エントリーとページの違い
32877:【freo講座】【初心者の為のfreoサイト運営講座】【日記編(01)】freoで日記を書いてみよう

エントリーで更新履歴を表示する場合に知っておきたい特徴は以下の通りです。

  • エントリーはカテゴリー分けができる。
  • エントリーではコメントを受け付けることができる。
  • 各記事ごとにコメントを受け付けるかどうかを選択することもできる。
  • feed配信をすることもできる。
  • 新着エントリー表示プラグイン(freo標準装備)でエントリーの最新記事を表示することができる。

よって、一番簡単に更新履歴を利用するには、

  • 更新履歴カテゴリーを増設し
  • エントリー機能を利用し日記として更新履歴記事を投稿する

とすればよいでしょう。

新着エントリー表示プラグインを利用しよう

新着エントリー表示プラグイン(freo標準装備)を利用すると、エントリーの最新記事を表示することができます。

32877:【freoTIPS】トップページに新着エントリーのみ表示させる方法

を利用すれば、トップページ(デフォルト画面)にエントリー記事一覧ではなく、新着エントリーのみを表示させることができます。

ただし、エントリーを更新履歴としてのみ利用する、または更新履歴に利用したいエントリーとその他のエントリーの区別をつけないのであれば問題はないですが、エントリーに通常の日記記事も掲載し、一部カテゴリー(たとえば更新履歴カテゴリー)のエントリーのみ更新履歴として利用し、更新履歴に利用するカテゴリーのエントリーのみを一覧表示したい場合は、少々不都合が発生します。

新着エントリー表示プラグインはカテゴリーでの制限ができない

新着エントリー表示プラグインは、特定のカテゴリーのみのエントリーを管理画面で設定した件数分表示させることはできません。

エントリーカテゴリー表示プラグインを利用して特定のエントリーを一覧表示する方法では、エントリーの表示件数に違いが発生する場合がある

当サイトでは、エントリーカテゴリー表示プラグインを利用して特定のエントリーを一覧表示する方法を紹介していますが、このTIPSは、まず、

  1. 全エントリーの中から設定された数のエントリーを抜き出し
  2. その中から該当カテゴリーのエントリーのみを表示する

というものなので、「特定のカテゴリーの最新エントリーを指定件数表示する」ということができません

つまり、全エントリーの中から20件を表示するとして、その中に「更新履歴」カテゴリーのエントリーが5件あれば5件表示しますし、10件あれば10件表示しますし、1件もなければ1件も表示しません。

エントリー限定抽出プラグインを利用すれば、特定のカテゴリーの最新エントリーを指定件数表示できる。

当サイトで配布しているエントリー限定抽出プラグインを利用すれば、特定カテゴリーのントリーを指定件数分表示することができます。
たとえば、カテゴリー「更新履歴(ID:news)」のカテゴリーを5件表示するなどが可能です。

最後に

エントリーで更新履歴を管理すると、

  • 更新履歴記事以外の記事もfeed配信されます。

更新履歴記事とその他日記の記事を同列に扱うことになりますので、それでも構わない場合か、エントリーを日記としてではなく完全に更新履歴として利用するなら、エントリーを更新履歴として利用しても良いと思います。

通常日記記事と更新履歴記事を区別して管理したい場合は、エントリー機能以外の機能を利用したほうが便利だと思われます。

ページ移動

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

Twitter

サイト内検索

ページ上部へ