• 虹色ミツバチ
  • freoカスタマイズメモ、テンプレート・プラグイン配布/officeTIPS
検索プラグイン

> Entry >freo>freoTips>freo変数一覧> ページ一括表示プラグインで色んなページの情報を取ってみる

【freo】【freoTips】【freo変数一覧】ページ一括表示プラグインで色んなページの情報を取ってみる

ページ一括表示プラグインを利用すると、色んなページの情報を取得することができます。主に使えそうなものを記載しておきますので、参考にしてください。

なお、ページ一括表示プラグインは通常ページ画面でのみ利用可能なプラグインですが、ページ画面以外の画面(たとえばデフォルト画面など)で下記ソースを利用したい場合は、[freo/libs/freo/plugins/config.page_all.php]の17~18行目

//displayファイルの読み込み設定
define('FREO_PLUGIN_PAGE_ALL_LOAD_DISPLAY', 'page');

部分を、

//displayファイルの読み込み設定
define('FREO_PLUGIN_PAGE_ALL_LOAD_DISPLAY', 'default,page');

のように変更しておいてください。

参考URL:freo|プラグインを色々なページに表示する

親ページの親ページの情報を取得する。

あるページの親ページは、「$plugin_page_parents」配列に格納されています。
あるページの親ページの情報をもとに、ページ一括表示プラグインを利用して親ページの親ページの情報を取得してみます。

親ページの親ページのID {$plugin_page_parent.pid}
親ページの親ページのタイトル {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].title}
親ページの親ページの投稿日 {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].created}
親ページの親ページの更新日 {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].modified}
親ページの親ページの日時 {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].datetime}
親ページの親ページの投稿ユーザーID {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].user_id}
親ページの親ページの本文 {$page_alls[$plugin_page_parent.pid].text}
親ページの親ページのオプションIDのオプション {$page_all_associates[$plugin_page_parent.pid].option.オプションID}

新着ページの親ページの情報を取得する。

新着ページは、「$plugin_page_recentries」配列に格納されています。
新着ページの情報をもとに、ページ一括表示プラグインを利用して親ページの親ページの情報を取得してみます。

下記変数は、<!--{foreach from=$plugin_page_recentries|smarty:nodefaults item='plugin_page_recently'}-->~<!--{/foreach}-->内で利用してください。

新着ページの親ページのID {$plugin_page_recently.pid}
新着ページの親ページのタイトル {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].title}
新着ページの親ページの投稿日 {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].created}
新着ページの親ページの更新日 {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].modified}
新着ページの親ページの日時 {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].datetime}
新着ページの親ページの投稿ユーザーID {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].user_id}
新着ページの親ページの本文 {$page_alls[$plugin_page_recently.pid].text}
新着ページの親ページのオプションIDのオプション {$page_all_associates[$plugin_page_recently.pid].option.オプションID}

特定のページの情報を取得する。

ページ一括表示プラグインは、全てのページの情報を表示することができます。
全てのページの情報は、「$page_alls」配列に格納されています。

特定のページの情報を表示するには、「$page_alls」配列に特定のページIDを入れ込んでください。

特定のページの親ページのID {$page_alls.特定のページID.pid}
特定のページのタイトル {$page_alls.特定のページID.title}
特定のページの投稿日 {$page_alls.特定のページID.created}
特定のページの更新日 {$page_alls.特定のページID.modified}
特定のページの日時 {$page_alls.特定のページID.datetime}
特定のページの投稿ユーザーID {$page_alls.特定のページID.user_id}
特定のページの本文 {$page_alls.特定のページID.text}
特定のページのオプションIDのオプション {$page_all_associates.特定のページID.option.オプションID}

 

 

ページ移動

関連記事

ユーティリティ

Twitter

記事検索

ページ上部へ