メニュー

Home >freoTIPS>テンプレート系TIPS> プラグインの編集画面のテキストエリアをHTMLエディタに変更する方法(ver.1.20.0より前)

【freoTIPS】【テンプレート系TIPS】プラグインの編集画面のテキストエリアをHTMLエディタに変更する方法(ver.1.20.0より前)

2015/07/01 10:19|タグ:ブログパーツ管理プラグインTinyMCEグッジョブ表示 71

本記事は、freoの1.20.0より前のバージョンでのみ利用可能です。
1.20.0以降のバージョンではこちらの記事を参考にしてください。

freoでは、エントリー登録画面・ページ登録画面の本文入力用テキストエリア(複数行テキストボックス)などに、HTMLエディタが採用されています。
プラグインの編集画面でもHTMLエディタを利用する方法は下記の通りです。

今回は、ブログパーツ管理プラグインの編集画面の「内容」のテキストエリアをHTMLエディタに変更してみます。
なお、採用するHTMLエディタは「TinyMCE」とします。

  1. プラグインの編集画面のテンプレートをエディタで開く
    ブログパーツ管理プラグインの場合は、[freo/templates/plugins/parts/admin_form.html]を開く。
  2. HTMLエディタを採用したいテキストエリアに[id="tiny_mce"]を追加する。
    ブログパーツ管理プラグインの場合は、29・30行目を下記のように変更する。
                        <dt>内容</dt>
                            <dd><textarea name="plugin_parts[text]" cols="50" rows="5" id="tiny_mce">{$input.plugin_parts.text}</textarea></dd>
    
  3. テンプレートを上書きしてアップロードする。

ワンポイント

テキストエリアをHTMLエディタにするためのIDは、初期では「tiny_mce」になっていますが、他のIDに変更している場合は、他のIDを使用してください。
テキストボックスをHTMLエディタにするためのIDは、[freo/js/admin.js]の[elements]で確認できます。
編集画面上に2つ以上のHTMLエディタを使用する場合は、別の処理が必要です。

参考リンク:【freoTIPS】【テンプレート系TIPS】編集画面で複数のテキストエリアをHTMLエディタに変更する方法

ページ移動

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

新着コメント

Twitter

サイト内検索

ページ上部へ