メニュー

Home >freoプラグイン>スケジュール管理系プラグイン> スケジュールレスポンスプラグイン

【freoプラグイン】【スケジュール管理系プラグイン】スケジュールレスポンスプラグイン

2015/09/11 11:01|タグ:スケジュールプラグインスケジュールレスポンスプラグイングッジョブ表示 16

当サイトで配布しているスケジュールプラグインにレスポンス(コメント)をつけられるようになりました。
出欠確認などに利用して下さい。

ライセンスについて

ライセンスはGNU General Public License (GPL)です。

同梱されているプラグイン
  • スケジュールレスポンスプラグイン  ………………  本体
  • スケジュール全件表示プラグイン  …………………  親記事引用用
  • スケジュールレスポンス件数表示プラグイン  …  親記事引用用
  • 新着スケジュールレスポンスプラグイン  …………  新着スケジュールレスポンス表示用

ダウンロード

scheduleres_32877_1_0_0.zip

特徴

表示方法
  • スケジュール記事にレスポンスをつけられます。
  • レスポンスをつける権限を「誰でも登録可能」か「ユーザーのみ登録可能」か選択できます。
  • スケジュール詳細画面[freo/index.php/schedule/view/ニュースID]でスケジュールレスポンス一覧を表示できます。
  • 一覧画面・管理画面で表示できる記事件数をプラグイン管理画面で設定できます。
  • 一覧画面で表示する記事の昇順と降順を選択できます。
閲覧制限について
  • レスポンスの投稿者は、閲覧制限を設定することができます。
  • 閲覧制限を使用できるようにするかどうかは、管理画面→設定管理→スケジュールレスポンスプラグインの設定で設定できます。
  • 上記ページで、閲覧制限で制限していた場合の名前・本文を設定できます。
  • 上記設定項目に[$name][$text]と入力すると、登録されている内容が制限されずに表示されます。
  • 管理者のみ表示・ユーザーのみ表示・閲覧制限無しから制限の種類を選択できます。

導入方法

  1. あらかじめ管理者でfreoにログインしておく。
  2. [freo]フォルダ[css][configs][libs][templates]フォルダをアップロードする。
  3. ブラウザから[freo/index.php/scheduleres/setup]にアクセスしてセットアップを実行します。
  4. パーミッションが設定されない場合は下記ファイルのパーミッションを606に設定する。
      ・configs/plugins/scheduleres.ini
      ・configs/plugins/scheduleres_recently.ini
  5. [freo/templates/header.html]<head>~</head>内に
    <!--{if $smarty.request.freo.mode == 'scheduleres' or $smarty.request.freo.mode == 'schedule'}--><link rel="stylesheet" href ="{$freo.core.http_url}{$smarty.const.FREO_CSS_DIR}plugins/scheduleres.css" type="text/css" /><!--{/if}-->
    を挿入してアップデートします。
  6. 管理画面の[設定管理]―[プラグインの設定]―[スケジュールレスポンスプラグイン]で各種設定を行います。
  7. [freo/templates/plugins/schedule/default.html]<!--{foreach from=$plugin_schedules item='plugin_schedule'}-->~<!--{/foreach}-->内に
            <ul>
                <li>{$plugin_scheduleres_counts[$plugin_schedule.id]}件</li>
                <li><a href="{$freo.core.http_file}/scheduleres/form?schedule_id={$plugin_schedule.id}">この記事にレスポンスをつける</a></li>
            </ul>
    
    を挿入してアップデートします。
  8. [freo/templates/plugins/schedule/view.html]の127行目以降などに
                <ul class="link">
                    <li><a href="{$freo.core.http_file}/schedule/view/{$plugin_news.id}#response">記事数({$plugin_scheduleres_counts[$plugin_schedule.id]})</a></li>
                    <li><a href="{$freo.core.http_file}/scheduleres/form?schedule_id={$plugin_schedule.id}#response_form">レスポンスをつける</a></li>
                </ul>
                <h2>スケジュールレスポンス</h2>
                <div id="scheduleres">
                <!--{foreach from=$plugin_schedulereses|smarty:nodefaults item='plugin_scheduleres'}-->
                    <div class="schedule">
                        <h3>{$plugin_scheduleres.name}</h3>
                        <ul class="information">
                        <li>{$plugin_scheduleres.modified|date_format:'%Y/%m/%d %H:%M'}</li>
                        <!--{if $plugin_scheduleres.restriction}-->
                            <!--{if $plugin_scheduleres.restriction == 'root'}--><li class="attention">この記事は管理者のみ閲覧可能です。</li>
                            <!--{elseif $plugin_scheduleres.restriction == 'users'}--><li class="attention">この記事はユーザーのみ閲覧可能です。</li>
                            <!--{/if}-->
                        <!--{/if}-->
                        </ul>
                        <div class="content">
                            {$plugin_scheduleres.text|nl2br}
                        </div>
                        <ul class="link">
                            <!--{if $plugin_scheduleres.mail}--><li><a href="mailto:{$plugin_scheduleres.mail}">MAIL</a></li><!--{/if}-->
                            <!--{if $plugin_scheduleres.url}--><li><a href="{$plugin_scheduleres.url}">URL</a></li><!--{/if}-->
                            <!--{if $freo.user.authority == 'root'}--><li><a href="{$freo.core.http_file}/scheduleres/admin_form?id={$plugin_scheduleres.id}">編集</a></li>
                            <!--{elseif $freo.user.id and $freo.user.id == $plugin_scheduleres.user_id}--><li><a href="{$freo.core.http_file}/scheduleres/form?id={$plugin_scheduleres.id}&schedule_id={$plugin_schedule.id}#response_form">編集</a></li>
                            <!--{/if}-->
                        </ul>
                    </div>
                <!--{/foreach}-->
                </div>
    
    を挿入してアップデートします。
  9. [freo/index.php/schedule]にアクセスして正常にボード記事が表示されるか確認してください。

スケジュールレスポンスプラグインのテーブル構成

  • スケジュールレスポンスを管理します。
  • 初期状態のテーブル名は freo_plugin_scheduleresです。
フィールドタイプヌルキー備考格納データ補足
id INT UNSIGNED   KEY AUTO_INCREMENT ボードID  
created DATETIME       作成日時 新規登録日時で自動的に反映
modified DATETIME       更新日時 最終更新日時を自動的に反映
name VARCHAR(255) YES     名前  
url TEXT YES     URL  
mail TEXT YES     メールアドレス  
text TEXT       本文  
news_id INT UNSIGNED YES     ニュースID  
option01 TEXT YES     オプション01  
option02 TEXT YES     オプション02  
option03 TEXT YES     オプション03  
option04 TEXT YES     オプション04  
option05 TEXT YES     オプション05  
option06 TEXT YES     オプション06  
option07 TEXT YES     オプション07  
option08 TEXT YES     オプション08  
option09 TEXT YES     オプション09  
option10 TEXT YES     オプション10  
ip VARCHAR(80)       IPアドレス  
user_id VARCHAR(255) YES     ユーザーID  
restriction VARCHAR(20)       閲覧制限 NULL,root,user

更新記録

2015/09/11 配布開始
   

ページ移動

ユーティリティ

Twitter

サイト内検索

ページ上部へ