メニュー

Home >Microsoft Office Excel>マクロ/VBA> マクロをショートカットキーに割り当てる

【Microsoft Office Excel】【マクロ/VBA】マクロをショートカットキーに割り当てる

2012/04/09 19:32|タグ:マクログッジョブ表示 39

マクロをショートカットキーまたはボタン等に割り当てて、簡単に呼び出すことができる。

Excel2003でマクロをショートカットキーに割り当てる

マクロをキーボードのショートカットキーに割り当てる方法は以下の通り。

  1. メニューバーの「ツール」メニューから「マクロ」「マクロ」を選ぶ。
  2. 「マクロ」ダイアログボックスの「マクロ名」欄からショートカットキーを割り当てたいマクロを選択。
  3. 「オプション」ボタンをクリック。
  4. 「ショートカットキー」欄に割り当てたいキーを入力する。
  5. 「OK」ボタンをクリック
  6. 「マクロ」ダイアログボックスに戻ったら、「キャンセル」ボタンをクリックして完了。

Excel2010でマクロをショートカットキーに割り当てる

マクロをキーボードのショートカットキーに割り当てる方法は以下の通り。

  1. メニューの「表示」メニューから「マクロ」「マクロ」(または「マクロの表示」)を選ぶ。
  2. 「マクロ」ダイアログボックスの「マクロ名」欄からショートカットキーを割り当てたいマクロを選択。
  3. 「オプション」ボタンをクリック。
  4. 「ショートカットキー」欄に割り当てたいキーを入力する。
  5. 「OK」ボタンをクリック
  6. 「マクロ」ダイアログボックスに戻ったら、「キャンセル」ボタンをクリックして完了。
ワンポイント

ショートカットキーに割り当てることができる組み合わせ
・Ctrlキーとアルファベット
・Ctrl+Shiftキーとアルファベット
Ctrl+Shiftキーとアルファベットを組み合わせるには、Shiftキーを押しながらアルファベットのキーを押す。

【関連リンク】
マクロを各種ボタンに割り当てる
マクロをオートシェイプに割り当てる

ページ移動

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

新着コメント

Twitter

サイト内検索

ページ上部へ