• 虹色ミツバチ
  • freoカスタマイズメモ、テンプレート・プラグイン配布/officeTIPS
検索プラグイン

> Entry >MOS>Microsoft Office Excel>マクロ/VBA> マクロを各種ボタンに割り当てる

【MOS】【Microsoft Office Excel】【マクロ/VBA】マクロを各種ボタンに割り当てる

マクロをショートカットキーまたはボタン等に割り当てて、簡単に呼び出すことができる。

マクロを割り当てることができるボタンの種類は以下のとおり。
・ボタン:文字色変更可能。背景色は変更不可。
・コマンドボタン:文字色・背景色変更可能。
・オートシェイプ:文字色・背景色変更可能。

ボタン

特徴:文字色変更可能。背景色は変更不可。

  1. メニューバーの「表示」メニューから「ツールバー」「フォーム」にチェックを入れる。
  2. フォームツールバーの「ボタン」コマンドをクリック。カーソルが十字になる。
  3. 任意の場所にボタンを配置。
  4. マクロの登録ダイアログが開くので、割り当てたいマクロを選択。
  5. 「OK」ボタンをクリック。
【作成したボタンの編集】
ボタンを右クリックすると各種編集ができる。

コマンドボタン

特徴:文字色・背景色変更可能。

  1. メニューバーの「表示」メニューから「ツールバー」「コントロールツールボックス」にチェックを入れる。
    またはメニューバーの「表示」メニューから「ツールバー」「VisualBasic」にチェックを入れ、「コントロールツールボックス」ボタンを押す。
  2. コントロールツールボックスツールバー「コマンドボタン」をクリック。カーソルが十字になり、自動的にデザインモードに切り替わる。
  3. 任意の場所にボタンを配置。
  4. 設置したコマンドボタンを右クリックして(またはコントロールツールボックスツールバーから)「プロパティ」を選択する。
  5. 「(オブジェクト名)」でオブジェクト名変更。
  6. 「Caption」でボタンに表示するテキストを変更。
  7. 「Backcolor」で背景色を変更。
  8. コマンドボタンをダブルクリック(または右クリック-「コードの変更」)でVBEを表示
  9. コードを入力
    Private Sub (オブジェクト名)_Click()
        実行するマクロ名
    End Sub
  10. 編集が完了したらコントロールツールボックスツールバー「デザインモードの終了」ボタンをクリック。

【関連記事】
マクロをショートカットキーに割り当てる
マクロをオートシェイプに割り当てる

ページ移動

関連記事

ユーティリティ

Twitter

記事検索

ページ上部へ